2006年08月02日

藍染について

藍染めは、藍という植物の葉に含まれる色素を使って青色に染める染色方法。藍染めは非常に古くから行われており、奈良の正倉院の御物の中のいくつかに藍染めのものが見られる。
日本では、江戸時代後期から明治時代初期にかけて木綿の普及とともに全国に普及し、藍草の栽培やすくもの製造が行われるようになった。江戸末期には、着物の80%以上が藍染だったと言われている。明治期に来日したラフカディオハーンを始め外国人はその青を「ジャパンブルー」と絶賛したということだ。しかし海外からインド藍や化学染料が輸入されるようになり、純粋な藍染めはすたれてしまい、昭和40年代には、ほとんど姿を消してしまうが、徳島県の何人かの藍師により、徐々に天然の藍染めが普及しつつある。

●藍の歴史と藍染の効用については、
ジャパンブルー、天然藍にこだわり、その良さを伝える天然藍匠同人「藍」のページ」が詳しい。
posted by わびすけです at 12:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21814393

この記事へのトラックバック

図説 「ジェイン・エア」と「嵐が丘」―ブ
Excerpt: 個人的に1996年の映画「ジェイン・エア」が大好きで、またブロンテ姉妹についてのしっかりとした論文を読んでみたいと思う時期にこの本に出会えたのはとても幸運でした。視覚的に楽しめるだけでなく、内容がしっ..
Weblog: ちさとのblog
Tracked: 2007-10-12 09:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。