2006年07月05日

漆の特徴と効能

漆という言葉は「麗しい(美しい) 潤す 潤汁」が語源だと言われています。漆の木が自らの身に受けた傷を癒すために出す樹液が漆。

漆には三つの大きな特徴があります。それは「美しさ」と「強さ」と「優しさ」。これだけ科学技術が発達した現在でも、このような特徴をそなえた物質を人間は未だに作り出すことができていません。

●漆の抗菌作用
漆器についた大腸菌は24時間後にほぼ死滅するなど、漆の持つ優れた抗菌効果が、金沢工大環境・バイオ化学科の小川俊夫教授の比較実験で明らかになったことが2005年8月26日付けの北國新聞に掲載されています。

漆には防腐作用、抗菌作用があることは昔から言われてきましたが、科学的にそのことが実証されたわけです。
posted by わびすけです at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22286895

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。